西武10000系10110F「西武秩父線開通50 周年記念」ラッピング車両(小手指車両基地)

2019年10月23日 ここ数日、小手指車両基地を通り過ぎることが続いた。あいにく手元にカメラが無かったので朝、早起きして出かけた。 理由はおそらく池袋線系レッドアロー最期の新しいラッピンク車であろう10000系10110F「西武秩父線開通50 周年記念」のラッピング車両が13番線奥に止められていた。 屋外広告物条例による許可…

続きを読むread more

東村山市蒸気機関車D51 684は亡くなりました。

2019年10月5日 東村山市の東村山運動公園にある蒸気機関車D51 684撤去作業が先週までアスベスト撤去が終わり、今週から解体作業が行われていました。 先週の様子、アスベスト撤去のため飛散防止に囲われています。 空間飛散量を図る計測器のようです。 私はこの夏、気温の変化についてこられなく体調不良が続き…

続きを読むread more

解体される蒸気機関車D51 684の猫機関士と議事録

2019年8月20日 東村山市の運動公園に静態保存されている蒸気機関車のスーパースター D51、そのD51 684号車がこの度解体撤去されることになった。 ここに来るのも随分久しぶり、10年ぶりかもしれない。その当時でもだいぶ劣化していたがペンキの黒色が白茶けていて錆びも相当目立つことが一目瞭然です。 特に…

続きを読むread more

世界一可哀そうな蒸気機関車D51の解体作業が始まる

2019年9月05日 東村山市恩多町ある東村山運動公園に静態保存されている蒸気機関車 D51 684号機、屋根もなく野ざらし展示されていました。 国鉄とは縁が無い東村山市の人たちは蒸気機関車のスーパースターD51に関心が無く1996年以降手入れもされず見るも無残な状態になり修理が高額になるめ解体となりました。 東村山市…

続きを読むread more

西武線廃線、廃駅探訪~「本川越駅 日清紡川越工場専用ホーム」

西武新宿線線、本川越駅手前、南大塚第11号、第12号踏切間にあった現在の日清紡(日清紡ホールディングス株式会社)の川越工場(川越事業所)専用ホーム。 本川越駅から少し離れていますが「駅」扱いではなく、構内ホームとして位置づけられているので「廃線、廃駅」の書籍等には掲載が少なく知る人ぞ知る鉄道遺跡となっています。 現在…

続きを読むread more

「秩父34ヶ所観音霊場」(28番霊場~30番霊場) 徒歩で巡礼

‎2018‎年‎11‎月‎14‎日 「秩父34ヶ所観音霊場」を全行程徒歩で巡礼する第4回目 前回、影森駅周辺の霊場を巡ったので今日は秩父鉄道線路沿いの3霊場を巡ります。 ◎影森駅 10時ごろ到着 紅葉を楽しみつつ行けたらと思いとことこ・・・・・ SLの撮影のお鉄の方々が集う撮影ポイントをとことこ・・・・・ …

続きを読むread more

お馬さんのしっぽ、菜七子ちゃんのしっぽ

2019年4月 久しぶりに競馬場へとことこ・・・・ 馬券はさっぱり当たらず菜七子ちゃん応援を理由に競馬場ないと来なくなったこの頃。 来ると必ず勝利するので来る甲斐がある。 東京競馬場もしばらく来ないとチョコっと変わっていて券売機が変わっていたり、お店が無くなったり、発売所が減っていたりして不景気が目に見える感があります。(ど…
コメント:0

続きを読むread more