西武初期型2000系2407F(2両編成)の塗装の劣化放置具合

東村山駅高架工事を観察をしている時に新宿方面側に連結された2両編成なので上石神井にいる子だと思うが
塗装劣化の激しい2000系に乗り合わせた。
P4050844 2000系2407F(2両編成) - コピー.JPG

下地の鋼鈑が錆びが進み塗装に亀裂が入り錆が広がり複数あります。
P4050841  2000系2407F(2両編成) - コピー.JPG

この車体には簡易補修した跡がはっきりわかる部分もありますが無数の塗装の亀裂が目につきます。
P4050840 2000系2407F(2両編成) - コピー.JPG

001系投入以降、廃車されるのは10000系が増備された分、廃車解体されているのは判るが40000系が増備され以降、初期型2000系だったり9000系が解体されているが数が合わないで過剰になっているのはず。廃車される車両から見るとそもそも40000系が9000系の代替わりなのか10両編成の代替わりかわからない。いずれにせよわざわざエコ改造した9000系と初期型2000系(8両編成、2001F・2003F・2007F)、(6両編成、2027F・2031F・2033F)、(2両編成、2401F・2403F・2405F・2407F・2409F・2411F・2413F・2417F・2419 F)の中から10両編成組で運用されている者が次期廃車解体候補なのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0