西武線 廃線、廃駅めぐり~中島飛行機三鷹研究所引込線

今回は 多摩川線新小金井駅から戦中まで南へ伸びていた引込線、
中島飛行機三鷹研究所線を探訪します。 

戦中まで存在した線路です。
戦後、GHQの管理下になり廃線となりました。
線路は住宅地になり
駅跡は国際基督教大学のゴルフ場をへて
国際基督教大学高等学校の校庭となっています。

新小金井駅
画像


新小金井駅からたどっていきます。
画像



左側の線路をたどって行くと車止めに突き当たります。
画像


側道一部が線路跡となります。
画像

画像



道をたどるとやがてY字路になりますがY字路手前で左の住宅に線路は消えていきます。
右側の住宅地の造成の時は線路跡を境に開発されましたが
その後、左側住宅地の造成の時に一部が取り込まれて開発されてしまいました。
画像


左側住宅地を抜けると線路跡の道路に出ます。
画像


道路をたどって行きます。
画像


やがて国際基督教大学高等学の茂みが見えてきます。
これを真っ直ぐ行った所が中島飛行機三鷹研究所の駅跡になります。
画像


国際基督教大学高等学の裏門
ゴルフ場をへて学校になっているので造成で跡形も無いので追跡はここまでです。
画像




---------------------------------------------------------------
歴史
 (中島飛行機三鷹研究所については飛行機開発機関なので
       秘密のところがあって分からない点が多いので触れません)

1910年(明治43年) 多摩鉄道設立

1917年(大正6年)  境(現・武蔵境) - 北多磨(現・白糸台)開通
             北多磨機関庫(白糸台車両基地)開設

1919年(大正8年)  北多磨 - 常久(現・競艇場前)開通

1919年(大正8年) 境駅から武蔵境駅に改称           

1922年(大正11年) 常久 - 是政間開通

1927年(昭和2年)  (旧)西武鉄道に合併

1941年(昭和16年) 中島飛行機三鷹研究所開設
             建設の資材運搬に引込線敷設?

1945年(昭和20年) 太平洋戦争敗戦により中島飛行機全工場返還
             GHQの管理下になり廃線 ?

  1947年(昭和22年) 航空写真 (黄色の線は位置関係を割り出すための補助線です)
画像



1950年(昭和25年) 日本国際基督教大学財団が中島飛行機三鷹研究所跡の一部を
             校地として購入(GHQから払い下げ?)

1953年(昭和28年) 国際基督教大学開校 

  1961年(昭和36年) 航空写真 宅地造成中
画像


1974年(昭和49年) 航空写真 駅跡は国際基督教大学のゴルフ場になっている
画像



1978年(昭和53年) 国際基督教大学高等学校開校

2000年(平成12年) 航空写真 (黄色の線は位置関係を割り出すための補助線です)
画像


===============================================

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い