西武線 廃線、廃駅めぐり~柳瀬信号所跡

今回は新宿線東村山-所沢間が完全複線になる前に存在した柳瀬信号所跡を探訪します。

東村山-所沢間が複線になるまで1段階ありました。
現在の新宿線が高田馬場-東村山まで複線で開業しました。
東村山-川越間の本数を増やすために東村山から東村山と所沢間にある
柳瀬川までを複線化して柳瀬信号所を設置しました。
その後、柳瀬信号所-所沢間が複線完成に伴ない廃止されました。

現在の柳瀬信号所跡は築堤上にあるのと柳瀬川を挟んでいで下からでは判りませんが
車窓から見るとかなり広い場所たようです。
また、旧線(単線)の橋脚跡が確認が出来ます。

========================================================
歴史
1894年(明治27年)川越線(国分寺-東村山-川越間)開業
1927年(昭和2年) 村山線(高田馬場-東村山間)全線複線電化で開業
            東村山駅 - 川越駅間電化

1941年(昭和16年)東村山-所沢間の列車交換用として開業。

1948年の航空写真
画像


1950年(昭和25年)東村山-柳瀬信号所間の複線化、柳瀬信号所-本川越間は単線となる。
1952年(昭和27年)西武新宿駅 - 高田馬場駅間が開業にともない村山線を新宿線に改称、
            川越線東村山駅 - 本川越駅間を新宿線に編入。
            国分寺-東村山間が国分寺線となった。
1958年(昭和33年)柳瀬信号所-所沢間が複線化で廃止となった。

1961年の航空写真
画像


* 上り線はまだ旧線を使用しています。
 下り線は現在の位置みたいですが柳瀬川橋の長さが今より長く見えます。


------------------------
柳瀬信号所跡は判りにくいので旧線をたどって見ます。
所沢から東村山へ進みます
画像


左側の空き地が旧線跡です。
画像


柳瀬川橋梁
画像


旧線の橋脚が一瞬見えます。
画像


下から見ると
画像


画像


久留米川架道橋
画像


こちらにも単線の橋脚があります。
画像


高さ制限のH鋼が乗っかっています。
画像


東村山方面の旧線跡はかなり長いです。
画像


========================================================


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた