西武線 廃線、廃駅めぐり~(西武)川越線-東武、国鉄川越駅連絡線(未成線)

今回は戦中に計画された(西武)川越線-国鉄川越駅連絡線を探訪します。

敗戦間際に東武東上線、国鉄川越線川越駅と西武川越線(現西武新宿線)脇田信号所に至約350mの連絡線の計画があった。

結局レールが結ばれるまでには至らなかった。
しかし路盤の工事が行なわれ、バラストも散布されていたらしい。

川越線(現西武新宿線)から国鉄川越駅構内を経て東上線へと直通電車を走らせる予定だったらしい。
この連絡線の目的は、東上線の上福岡にあった陸軍の工場(東京第一陸軍造兵廠川越製造所《火工廠》)への
工員通勤の為と言われている

ただこれには異説もあり、当時非常事態に備えて
迂回用の特殊専用側線であるとの考え方もある。
それは
西武鉄道(旧)沿線(川越線 国分寺-本川越間)には
  修武台飛行場(旧豊岡飛行場、現入間基地)
  所沢飛行場
  陸軍立川航空工廠所沢支廠(旧所沢車両工場)
  陸軍兵器補給廠小平分廠(現 ブリジストン東京工場)

日立航空機専用鉄道線(拝島線小川-玉川上水間)
  日立航空機立川工場

武蔵野鉄道沿線(現 池袋線)
  中島航空金属田無製造所(現 東久留米-ひばりが丘団地間)

国分寺から中央線で各飛行場と連絡が出来る。
  立川飛行場
  福生飛行場(現 横田基地)
  東京調布飛行場

などの軍事関係の施設が結ばれることができた。

軍主導で進められていたようで東武と西武間で進められたものでは無いので戦後頓挫したのではないかと思います。

それに、会社同士の乗客の争奪合戦もありますからね

又、非電化と電化の違いや切り替えのための川越駅構内の広さなどの技術的ににも問題があったのではなかろうかとの考えもありますね。


備考1
東京第一陸軍造兵廠川越製造所は昭和12年から操業を開始し、
全盛期には学徒動員を含めて8500人ほどの従業員が
銃弾や風船爆弾の信管などの製造していました。


備考2
西武新宿線(本川越駅)
1895年(明治28年)川越鉄道川越駅(現 本川越駅)開業
1927年(昭和2年)東村山駅 - 川越駅間電化
1940年(昭和15年)国鉄 川越線開業に伴い、本川越駅に改称
1948年(昭和23年) 国分寺駅 - 東村山駅間電化(直流1500V)

東上線(川越駅)
1915年(大正4年)川越西町駅として開業。
1929年(昭和4年) 池袋駅 - 川越市駅間電化
1940年(昭和15年)国鉄 川越線開業に伴い、川越駅に改称

国鉄川越線(川越駅)
1940年(昭和15年)国有鉄道川越線川越駅開業
1985年(昭和60年)全線を電化




1946年航空写真
画像


拡大
画像


2007年航空写真  黄色の鎖線が跡
画像




川越駅から西武新宿線脇田信号所へめぐります。

川越駅
この車止めも名残といえば名残なんでしょうねぇ
画像


西武新宿線に向かっていきます。
道路右側のビルが用地跡です。
画像


線路用地跡に川越駅西口第一駐輪場があり
用地跡が左に曲がっているので建物も同じように建てられています。
画像


バス通りから川越駅西口第一駐輪場を見る
画像



川越駅西口第一駐輪場裏、バス通りから西武新宿線方面を望む
画像


跡地に建つアパートは敷地が斜めなので周りのビルと比べて違和感が感じられる
画像


ここに鉄道境杭が現存していました。
画像


もう一箇所
画像


画像


西武新宿線沿い
画像


南大塚第11号踏切付近(用地スペース跡)
画像


南大塚第11号踏切 用地スペース跡
画像


脇田信号所
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい